比較的導入しやすいandroidのアプリ開発

婦人

導入準備と審査の壁

ネットワーク

iphoneのアプリ開発は、OSの導入や難関と名高い審査などさまざまな壁が立ちふさがっています。機材をゼロから導入するよりは、企画段階から専門業者に依頼してしまう方が効率的なこともあります。

もっと読む

高難易度の審査

レディー

iphoneのアプリ開発にはApple Storeの審査という高い壁があります。期間も長く、審査も厳しいので有名ですが、この審査を通ることで大きなステータスにもなるでしょう。

もっと読む

専門業者で依頼できる

アプリ

androidのアプリ 開発を企画段階からおまかせコースで行なうことも可能です。リリース後の面倒なデバッグ作業やアップデートを依頼することもできるので、予算を考えて依頼しても良いでしょう。

もっと読む

導入が比較的容易い

スマホ

androidのアプリ開発はiphoneのアプリ開発と比べると比較的、取り組みやすいものになっています。まず、androidのアプリ開発はOSがMacOSでなくても作ることが可能です。WindowsでもLinuxでも、ソフトによってはスマホで簡易なandroidのアプリ開発を行なうことも可能です。こうした機材やOSにとらわれずandroidのアプリ開発は可能であるという点から比較的始めやすいアプリ開発とされています。またandroidのアプリ開発では、最大の壁であるGoogle Playのチェックも、Apple Storeと比べて通りやすいのです。流石に穴だらけのバグだらけでは通りませんが、基本的に問題なくアプリが動作する場合には、大体の場合は問題なく通ります。チェックにかかる日数も1日と短いので、初めてアプリを作って導入するのであれば、androidでのリリースがオススメです。比較的通りやすいので、専門会社などにニーズの高いアプリを自由に開発してもらうのも手でしょう。アプリ制作の専門業者や会社では、企画段階からリリース後のアップデートや管理まで請け負ってくれるプランもあります。自社で作ったアプリの管理やアップデートを依頼できるというプランを行なっているところもあります。作ったのは良いけれど、更新や運営、バグの改修や広告まで手が回らないという場合にオススメです。多くの人で行なうデバッグや、リリース前のさまざまな端末での動作検証などを依頼すれば、その分の人件費や作業時間を削減することができるかもしれません。コストや依頼したい内容から、まずは相談をしてみても良いでしょう。

Copyright © 2016 比較的導入しやすいandroidのアプリ開発 All Rights Reserved.